『アニメーション用語事典』発売!

更新日:2019年9月9日

日本動画協会人材育成委員会の監修・著作による『アニメーション用語事典』が発売となりました。

弊社も企画から協力させて頂いております。


参考イラストや画像も多く使用し、言葉だけでは補えないビジュアル面も工夫しています。


アニメ制作や教育の現場などでも使用して頂けると嬉しいです!

(紙も少し厚めで丈夫です!)

⇒ご購入はこちらから!

 

【概要】

■品種:書籍

■著者:一般社団法人日本動画協会人材育成委員会(監修)

■仕様:A5判 / 176ページ

■発売日:2019.02.21

■ISBN:9784845633159


アニメーションの制作工程は企画・プリプロ→プロダクション→ポスプロと多岐に渡り、さまざまな会社が分業をすることで、作品を完成に導いています。


そして一般に、30分のTVアニメを制作するのにかかわるスタッフは200人とも300人とも言われています。


そういった状況でありながら、仕事で使われる用語にはローカルルールも多く、またデジタル領域での新語も頻出したことで、スタッフ同士での円滑なコミュニケーションが取りづらくなっています。


そこで本書は、日本動画協会人材育成委員会が8ジャンルに分けて用語解説および監修を行なうことで、これからアニメ業界で働こうという人にはもちろん、現在現場で活躍しているスタッフにも「使える」1冊となっています。


【コンテンツ】

アニメーションの制作工程

用語集:制作/作画・演出/色彩・美術/撮影/CG/技術/ソフトウェア/その他


■協力:コウダテ株式会社、株式会社白組、株式会社テレコム・アニメーションフィルム、株式会社ヒューマンメディア、増田弘道、FUN'S PROJECT(大日本印刷株式会社)


■監修協力:株式会社キュー・テック、株式会社サンライズ、株式会社ジェー・シー・スタッフ、株式会社STUDIO4℃、株式会社ダンデライオンアニメーションスタジオ、株式会社手塚プロダクション、株式会社トムス・エンタテインメント、株式会社ボンズ


■図版協力:株式会社ダンデライオンアニメーションスタジオ(イラスト担当:MiyakoMiiya)、増田弘道


#アニメ制作 #アニメ用語

最新記事

すべて表示

11/17開催「アニメ産業レポート2021」刊行記念セミナーに、弊社代表・高達がパネリストの一人として参加いたしました

2021年11月4日に、一般社団法人日本動画協会より「アニメ産業レポート2021」が刊行され、また刊行記念セミナーが11月17日に開催されました。 「テレビアニメ」の項目について執筆を担当させて頂いた弊社代表・高達も登壇いたしました。 コロナ禍に見舞われた2020年、2021年でしたが、その中でもアニメ産業全体としては、健闘をしていると言っても良いでしょう。 非常に底堅い産業だと改めて感じます。