シナリオランド読書会『複眼の映像 私と黒澤明』(著:橋本忍)6/11(土)開催!

コウダテ株式会社が運営する、シナリオを中心としたオンラインサロン「シナリオランド」では、クリエイティブに関するイベントを定期的に開催しております。


今回6月11日(土)のイベントでは、「シナリオランド読書会」を初開催いたします。初回の書籍は、名脚本家として知られる橋本忍さんの『複眼の映像 私と黒澤明』。橋本さんは、黒澤明監督の『羅生門』『生きる』『七人の侍』などの脚本を執筆され、多大なる功績を残されました。


本著は橋本さんの自伝です。ハッとするような創作の気付きも多く散りばめられております。


例えば、以下の文章。

「もし、殺し損ねると牛が暴れ出して手がつけられなくなる。一撃で殺さないといけないんです。そして鋭利な刃物で頸動脈を切り、流れ出す血をバケツに受け、それを持って帰り、仕事をするんです。原作の姿や形はどうでもいい。欲しいのは生血だけなんです」

大胆な比喩表現を通して、橋本さんの原作への向き合い方が綴られています。


他にも、創作のスタンスやヒントなどが星の数ほどございます。

読書会を通して、参加者それぞれが「気付き」をシェアすることにより、参加者自身の創作に活かして参ります。


【開催概要】

◆シナリオランド読書会『複眼の映像 私と黒澤明』(著:橋本忍)


◆日時

・2022年6月11日(土)

・開始/20:00~

※90分程度を予定

※5分ほど前から開場します


◆参加方法

「シナリオランド」の会員になり、申込みをお願いします。

・月額料金:1900円(税込) 

(会員になるとイベントには無料で参加できます)

https://lounge.dmm.com/detail/445/


◆参加形式

オンライン:Zoom

※イベント開始時までにURLをお知らせします


◆参加にあたって

『複眼の映像 私と黒澤明』(著:橋本忍)を用意しておいてください。必ずしも事前に読んでおく必要はありません。


◆イベントの流れ

①読書

②シェア

③対話(少人数での対話の後、全体で総括)

※対話の際は、可能であればビデオはONでお願いします


◆書籍

『複眼の映像 私と黒澤明』(著:橋本忍) 文藝春秋

https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167773540



【シナリオランド概要】

◆シナリオランドとは……

シナリオを中心としたクリエイター、及びクリエイターの卵、業界応援者たちが集う場です。通常のシナリオ学校では得られない最前線の「学び」「体験」「出会い」が得られます。

■サロン名:シナリオランド

■サロンページ:https://lounge.dmm.com/detail/445/

■月額料金:1900円(税込)

◆特徴(1)

■アニメ・特撮に強い

アニメ・特撮業界において、今まで多くの作品に携わったサロンオーナーの脚本家・小林雄次とプロデューサー・文芸ディレクターの高達俊之を中心に、執筆ノウハウや最前線の情報をお伝えします。

<代表作>

・小林雄次:『ウルトラマンオーブ』『ウルトラマンX』『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』『美少女戦士セーラームーンCrystal』、他多数

・高達俊之:『Hi☆sCoool! セハガール』『ルパン三世 天使の策略』『BUZZER BEATER』『京極夏彦 巷説百物語』、他多数


◆特徴(2)

■多彩なゲスト講師

脚本家を始め、プロデューサー、監督、俳優、声優等々……、人気作品に携わり、最前線で活躍するクリエイターがゲスト講師として参加します。


◆特徴(3)

■会員限定特典

入会された方には、もれなくここでしか読めない「シナリオライター志望者のためのお助けQ&A集」(15,000字書き下ろし) や、漫画界の巨匠・小池一夫先生による「小池一夫の漫画原作の書き方(特別講義)」の動画コンテンツ、オリジナルシナリオ創作のための「キャラクター表」「構成表」等々を無償で提供中です。